www.ecyclecenter.com

私は、10年間国立大学の内科医をしていました。専門は心臓でした。入院患者は重症患者が多く、日々困難な治療と向き合う 患者さんと一緒に戦っていました。ある時、母の13回忌の法事見つかった時に、発見が遅くて手遅れで何の治療もできない ままなくなったことを悔やんで自分が医師を目指したことを思い出しました。 その後、自分は「どうしても予防医学がしたい」と言う思いが募ってきたので、国立大学を辞め、会社の人間ドックを専門 にやっている病院に転職しました。病気を克服するには、何をおいても日々の健康管理が大切です。 人間ドックに来ている方は、まだ、病気の段階ではないので、本人の意識を少しでも変化させ、自分の健康を自分で守ると いうスタンスを付けていただくべく、診察・面談・結果説明など、本人さんに会う時はいつもそのことを心がけて日々努力 しています。母を亡くした時に味わった虚無感を一人でも味わうことがないように願っています。

MENU

  • 新しいカメラがほしいけれど
  • 民間住宅ローンの種類とは?
  • 職場の掃除について。
  • 男性でも冷え性のつらさがわかる
  • 喘息をよく発症してしまう時
  • 昔の会社近くの有名なレストラン
  • 睡眠時間は足りているのか
  • 私の筋肉はどこへ行ったのか
  • 星座占いは娯楽として参考に
  • 病院で大勢の人が働く時代
  • その腕のしびれ・・・頚椎ヘルニアかも?
  • ヘルニアで通院しています
  • 疲れ目にサプリメントが効いている
  • 国立病院の医師から、予防医学を目指す医師へ
  • 青汁は決して不味くない健康食品
  • 娘に負けずに英会話の勉強をスタート
  • 証券について
  • 睡眠中のマウスピースについて
  • 通販ならではのたくさんのメリット
  • 良いストレスと悪いストレス
  • ダイエットのおかげで素敵な出会いが!
  • 不景気だけど美容薬品を買ってみようかな
  • 格好良い探偵が出てくる作品が好きです
  • 説明しますと月中から以降繰上弁済しましても来月分
  • 婚活は外に働きかけるだけじゃない